AGAの思い悩みをお持ちの方へ~AGAクリニック~

様々な要因

AGAの原因物質について

男性女性を問わず、脱毛症は起こるものです。そして、最近マスコミでも取り上げられているAGAとは、男性だけに起こる脱毛症のことです。 AGAの原因物質については、既に解明されており、男性ホルモンのテストステロンから、5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって転換された、ジヒドロテストステロンという物質が原因となっているのです。 また、5αリダクターゼの量は遺伝子が司っており、このため、AGAは遺伝することでも知られているのです。その遺伝は、父親から直接受け継ぐタイプと、母親の祖父母のどちらかから受け継ぐタイプに分けることができます。 しかし、今ではAGAの治療薬が開発され、遺伝による脱毛症でも治療することができるようになったのです。

治療に用いられる医薬品について

AGAの治療に用いられる医薬品について、簡単に説明しますが、この医薬品の成分名はフィナステリドと呼ばれ、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されてきました。 ところが、フィナステリドの前立腺肥大症に対する治療実験中に、髪の毛が薄かった治験者の髪が、生えてきていることに気が付いたのです。 要するに、この作用はフィナステリドの副作用というべきものなのです。でも、薄毛に悩む人々にとっては、大変うれしい副作用だと言えます。 フィナステリド製剤は、ジェネリック医薬品を入れていくつかの種類が製造されています。病院に行けば、フィナステリドの先発医薬品を処方してもらえますが、治療にかかるコストを抑えたいと考える人たちの間で、ジェネリック医薬品を個人輸入するという動きが出てきました。